診断カレンダー

お問い合わせ 海南市の薬局|ヤマモト薬局のブログ ジャックと豆の木 雑学ブログ お薬の販売はこちら

和歌山海南市のヤマモト薬局

和歌山県海南市名高 537-9
TEL:073-482-1687
FAX:073-482-0246
平日9:00~18:30

土曜9:00~18:00

マップ

海南市のヤマモト薬局ブログ

骨粗鬆症 カルシウム以外に必要な栄養素(大豆イソフラボン)

大豆イソフラボンは見て字のごとくまさに大豆中に含まれる栄養素で、女性ホルモン様作用が注目されている物質です。

当然、豆腐や納豆、豆乳など大豆製品に含まれます。

女性ホルモン様作用ということで、女性ホルモンが行う血圧安定作用や、血行改善作用とともに骨からのカルシウムの溶出を抑えてくれる作用が注目されます。

この作用により、余計なカルシウムの流出を防いで、骨の弱くなるのを抑えてくれます。

骨粗鬆症 カルシウム以外に必要なもの(ビタミンK)

ビタミンKは緑黄色野菜などに多く含みます。

具体的には納豆、乾燥わかめ、小松菜、ほうれん草、菜の花、ブロッコリーなどです。

このビタミンは先日取り上げた骨基質たんぱくのオステオカルシンの合成に必要なものです。

なんでもそうですが、ひとつの栄養素だけで体は動きません。

いろんなものが相互に助け合ってひとつのものを作り上げていくんですね。

 

骨粗鬆症 カルシウム以外に必要なもの(ビタミンD)

骨粗鬆症にカルシウムが重要なのはいわずもかなですが、ではほかに何が必要なのでしょうか?

まず思い浮かべるのはビタ ミンDですね。 karigen.jpg

整形の処方箋でもアルファロールやエディロールなど処方された経験がある方もいると思います。

薬局で扱うカルシウム剤もビタミンDを配合した薬はよく販売されています。

例えばカンリゲンボンS Bioです。

ではなぜ配合されたり処方されたりするのでしょうか?

それはビタミンDには、腸管(小腸の壁)で食物などのカルシウムを吸収を促進するからです。

また骨形成(骨ができること)を助ける作用もあります。

なので、カルシウムと一緒に撮るのが効果的であることが容易にわかると思います。

なのでビタミンDをとりながらカルシウムを取ることが大事になります。

主な食品

鶏卵、鮭、しらす干し、乾きのこ類(しいたけ、木耳、舞茸など)

 

骨粗鬆症とは?

骨強度の低下を特長とし、骨折のリスクが増大しやすい骨格疾患と定義されています。

骨強度とは骨密度+骨質(微細構造、骨代謝サイクル、微小骨折石灰化度)で、皮膚が新陳代謝を繰り返すように骨も骨代謝を行っています。

骨形成と骨吸収(骨から血液へCaが溶出)のバランスが崩れると骨量が減少します。この原因としては、遺伝、閉経による女性ホルモン、加齢、カルシウム不足、運動不足、アルコールの多量摂取、喫煙、ステロイドの使用、関節リウマチの罹患などがあげられる。

健康年齢を伸ばすには若い時から食生活や適度な運動などが重要となるようです。

ロコモ予防に! しっかり骨粗鬆症対策

高齢化が進む中、ロコモティブシンドロームの原因の一つになっている骨粗鬆症患者は、1200万人以上と推定され今後更に増加するとか・・・。

老化現象の一つと考えられていた骨粗鬆症は、生活習慣病の一つとして予防できる疾患であると考えられています。

健康的な老後を過ごすために対策が必要です。

 

第2次健康日本21

医者06.jpg

厚生労働省は7月10日、来年度から始まる次期『健康日本21』の内容を公表しました。

期間は2013年~2022年度の10年間。

公表された第2期の大きな方向性は

① 健康寿命の延伸と健康格差の縮小

② 生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底

③ 社会生活を営むために必要な機能の維持及び向上

④ 健康を支え守るために社会環境の整備

中でも‘健康寿命’の延伸や、がん、循環器系疾患、糖尿病、COPD(慢性閉塞性肺疾患)など特定の疾患への一次予防や重症化予防、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防などが新たにクローズアップされたことが大きな特長といえます。

その他の病気の追加

その他の病気の欄に変形性膝関節症を追加しました。

 

夏の皮膚病 3

医者06.jpg

接触性皮膚炎

皮脂や汗で角質層のバランスが崩れているときに接触したものが原因で発生する湿疹

症状はかぶれが中心です。

 

夏の皮膚病 2

医者06.jpg

脂漏性湿疹

皮脂腺が発達した頭皮や顔などに生じる皮膚病です。

原因:正常な皮膚にも存在するカビ・皮膚常在真菌(マラセチア菌)が関与するといわれています。

※マラセチア菌皮脂が多い場所で増殖する傾向があり、しすぎると皮脂中のトリグルセリドを分解して生じた遊離脂肪酸や酸化した皮脂自体などが刺激となり、脂漏性皮膚炎となると推測されている

夏の皮膚病!

夏の皮膚病!

夏におきる皮膚病は、皮脂の分泌と汗を大量にかくことで

脂漏性湿疹

接触性皮膚炎

あせも

紫外線による日光皮膚炎

水虫

むしさされ

じんましんなど

夏の皮膚病は症状は強いですが、原因が単純なので、はやく治療することが大事です。

 

ヘッドマッサージ

7月17日 当薬局におきまして

ヘッドマッサージ体験会を開きます

時間は10時から18時までです。

無料となっています。

頭皮が硬くなっていると薄毛、脱毛の原因になるだけでなく、

力のないくせ毛や枝毛などの原因ともなります。

頭皮に栄養をあたえ、しっかり根元の油をとり、マッサージを定期的にすることが肝要です。 頭皮の絵.jpg

身体を温めて病気にならない身体に

医者06.jpg

あの体を温める薬でおなじみの若甦シリーズからお湯に溶かすタイプのドライシロップ剤が発売されました。その名も若甦温(じゃっこうおん)

味も甘すぎずのみやすいのでお勧めです。一度ご賞味ください。

試飲ご希望の際は店員にお伝えください。あたたかい心とともにご提供させていただきます。

01184_1.jpg

便秘薬の乱用に注意!

医者06.jpg

慢性便秘の人は、便秘薬を長期に服用してその結果、量が増加傾向になる人が多いです。

便秘薬を適量用以上使用すると

腸管が痙攣→排便困難

になるケースが多くなります。

また、すっきり出したいという気持ちが高まり、下痢するまでのむという悪循環に陥りがちです。

便秘薬を服用すれば下痢すると思っている方も多いのが現状です。

下痢便が続くと腸に何もないのに常時便意を感じることになります。

これは下剤性結腸症候群といわれ、結腸や直腸が下痢によって刺激され、起こる炎症によっておこる症状です。

 

疲れ目にケア

はやいもので今日は1月31日

今年になって1か月経ちました。さびしいもので年々月日の経つのが早く感じる今日このごろです。

さて今日は自宅でできる疲れ目ケアの話を・・・。

目が疲れて手軽にできるケアに温湿布・冷湿布があります。みなさんご存知ですか?

温湿布

 洗顔用のタオルを少し熱めの湯で絞り、熱くなりすぎないように電子レンジで温め、両目を覆うようにしばらく当てる。

冷湿布

氷をいれた水に浸したタオルを絞って、両目に覆うようにしてしばらく置いておく。

どちらを使うかは好みですが、目の充血しているときは温湿布はすすめません。

また、そのような用意がない時は、手をこすってあったたまた手をあてても気持ちいですよ(簡易法)

便秘について 2

今日は便秘薬の話

現在、病院でもお薬をもらっている方は大変多いです。当薬局でも処方箋に便秘の薬が処方されているのは日常茶飯事です。

病院の薬

塩類性下剤

よくつかわれるものに酸化マグネシウムがあります。マグネシウム塩は吸収せず、水分の再吸収を抑制し、便のかさをふやして便をうながす。

大腸刺激性

一般的によくしようされる。センナが代表例です。腸に刺激を与えて便意を促すためおなかが痛くなったり、効かなくなってくるなどの副作用もあります。また、ビスコスルファートナトリウムな長期連用で効かなくなるものもあります。

便潤性下剤

漢方薬の麻子仁丸が代表で、便に水分を含ませ、便意を促す薬。体にも負担なく、腹痛などの副作用も少ない。また、便秘を治す作用もある。当薬局でもよく使用しています。

体質改善や食事療法はなかな大変と思われる方。是非ご相談ください。

われわれは来ていただくお客さんに損をさせない。「相談してよかった。」「また今度こよう」と思ってもらえる店づくりをしてきます。

店主

便秘薬について1

便秘は日本人のなかでも比較的多くの方々が悩んでおられる症状です。日ごろから店頭でいると浣腸やヤマモト薬局製剤の便秘薬、また宿便セットがよくでます。また、病院でお薬が出ている方も多いです。血圧の薬などと同時にプルゼニド錠やラキソベロン液がよく処方されています。

 便秘薬を話す前にいくつかの便秘にわかれます。

1)弛緩性便秘

  高齢者など腸の動きが低下し、また直腸における排便反射も鈍感となり便意がおこりにくくなる。

高齢者の多くがこれです。

2)痙攣性便秘

  腸の緊張が高まり、痙攣して滞ります。

強いストレスや麻薬性鎮痛薬などの副作用もこの症状になります。ウサギの便のようにコロコロとした排便になります。

3)習慣性便秘

  トイレの行くのを我慢したり、いく暇がなかったりして感覚が鈍くなって便秘になる。

4)構造的便秘

  腸管内に腫瘍があったり、癒着などにでにくくなる便秘。

次回は便秘薬についてお話させていただきます。

ドライアイ(DRYEYE)

目の乾燥や疲れにより起こる不快感をドライアイ(乾き目)といい、涙の量が減ったりして目の表面に傷ができる症状です。

主な症状には、痛い、ゴロゴロする、目が赤くまぶしいなどです。

涙は「ムチン層」「水層」「油層」の三層からなり、眼球の保湿、栄養供給、殺菌洗浄などの働きをしますが、目の乾燥はその涙の量が不足したり、涙の成分が変性したりして起こります。

通常まばたきは一分間に約20回ですが、映画やパソコンなどを見ているときは5回ぐらい減少するようです。涙は10秒ほどで蒸発してしまうため目の乾燥防止には意識的にまだたきが必要です。

軽いドライアイのときは

IMG_1152.jpg

上の写真のソフトサンティアなど市販の人工涙液を使用します。

(まとめて買われる人が多いです)←少し宣伝

それより少し悪いと

15433_1.jpg

このしっとりうるおい点眼がお奨めです。

それ以上ひどい場合は

涙の乾きを抑える専用メガネと、涙の排出口である涙点に栓をつめて目の表面に涙がとどまる治療がされます。

日常生活では次の点に注意しましょう。

1)こまめに休みをとる

2)意識的に瞬きをふやす。

3)リラックスすると分泌されます。

4)5分ほど蒸しタオルを目の上にのせる。

5)加湿器で室内の乾燥をふせぐ

6)パソコンのモニター画面は目より低くする。

 

 

 

シリーズ 血流をよくして、病気予防

★肩甲骨を動かしてほぐす

1)足を少し開いて立ち、両腕を後ろに回し、手のひらを上にして両手を組む。

2)胸を膨らませるように息を吸い込みながら、手を下に押して胸を張る。

3)2~3秒そのままにして、息を吐きながら元の姿勢に戻す

★背骨をのばしてほぐす

1)うつ伏せになり、両肘をついて背中を反らし、その姿勢を2~3分そのままに。

★肩のまわりをほぐす

1)足を少し開いて立ち、重心をつま先に置き、背筋をのばす。

2)息を吸いながら、両腕を上げると同時につま先立ちになる。そのまま3秒保ち、息を吐きながらゆっくり元の姿勢に戻す。

数回すりかえして、日ごろの健康維持に役立ててください。

シリーズ 血行をよくして、病気予防!

食習慣を考えよう

★野菜・海藻類を積極的に

野菜や海藻類に豊富にある食物繊維には、コレステロールなどの脂質の吸収を抑制します。

★お酒は適量、たばこはできればやめる

飲酒量は減らし、つまみ(野菜、海藻、大豆食品)を増やそう。たばこにより血管が狭くなり血行が悪化する。

★卵やいくらなどの魚卵は控えめに

お菓子やマヨネーズのげんりょうですよ。

★お肉よりも魚肉をたべよう

あじ、いわし、さばなどの青魚が超おすすめ!

★お菓子や果物の食べ過ぎに注意

糖分は食べ過ぎると中性脂肪として肝臓に蓄えられてしまいます。

★寝る2時間以上前に夕食は済ませましょう

寝ている間は食事で摂ったエネルギーは消費されにくくコレステロールや中性脂肪の原料となります。

 

~食物繊維の豊富な食品~

玄米・ブロッコリー・おから・切干大根・納豆・ひじき・こんにゃく・かぼちゃ・ごぼう・海藻など

 

シリーズ 血流をよくして、病気予防!

血行を良くする身体づくり

入浴やマッサージには、身体をあたためて発汗を促し、全身の血行をよくして疲労を回復させる効果があります。血液は栄養と酸素を身体にはこび老廃物などを持ち帰ってくる作用があります。ですのでこの作用が滞ると身体のあちこちで栄養不足や老廃物が増え、老化・ガンなどの不要な細胞の増加につながります。

血流をよくすることで老廃物のためない身体づくりに心がけたいものです。

★よく噛んでたべましょう

★指先や足先など抹消部分をよく動かしましょう

★禁煙する

★半身浴など下半身をゆっくりあたためましょう

★軽い運動やストレッチをこまめに

★疲労、ストレス、睡眠不足やイライラなどため込まないようしましょう。

明日は見直そう食習慣・・・。です。

それではまた明日。

シリーズ 血流を良くして、病気予防を!

脂質のバランスが崩れるとは?

血液には「コレステロール」や「中性脂肪」などの脂質が含まれています。それぞれ役目があります。

コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料となるもので、血液中で「LDL]や「HDL」にのって全身をいったりきたりしています。LDLは一般に悪玉といわれ肝臓→全身方向に進む乗り物で、HDLは一般に善玉と言われ全身→肝臓に進む乗りもでたまったコレステロールを運ぶ作用をします。

コレステロールや中性脂肪のバランスが崩れると脂質異常症と病名がつきます。

これらのバランスは普段の食生活や禁煙、適度な運動で十分予防することはできます。

明日は血行をよくする身体づくり・・・。です

シリーズ1 血行よくして、病気を予防を!

ストレスや冷えは大敵!

ストレスや冷え、過労などは血流の悪化をまねきます。また、体の体調が表面化しやすい中年期以降や更年期、日ごろから運動不足の人なども要注意です。血流が滞り、血中コレステロール、中性脂肪、血糖などの上昇、高血圧などにつながります。

動脈硬化とは、血管が硬くなったり、血管壁にコレステロールなどが付着し内腔が狭くなった状態で、ほっておくと心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因となります。血中の脂質バランスの乱れは動脈硬化の大きな素因となります。

明日は脂質バランスについて・・・。です

かぜの話

寒い季節になるとよくなる疾患としてかぜがあります。この「かぜ」もふつうのかぜとインフルエンザのような感染力の強いものに分けられ総じて感冒症候群といわれます。特にインフルエンザは昔「流感(流行性感冒)」と称されていました。インフルエンザという名は次から次へと人に感染することからinfluence(影響する)からきたそうです。

 感冒の原因の90%はウイルスで、他にマイコプラズマなどがあります。これらの原因により気道粘膜の炎症、粘液分泌などが生じたあと細菌感染が誘発され化膿性の粘液が分泌されます。このような状態をカタル性炎症といい、1週間程度持続します。

 感冒はその原因がウイルスなのでそれに打ち勝つ体(免疫力)を作ることが肝要です。そのためにわれわれヤマモトではその人にあった漢方薬を調合しています。

感冒の場合、症状が日に日にかわるので三日分(1575円)をお渡ししています。

漢方薬屋の飴はいかがですか?

高麗 b.jpg

高麗人参のエキスを練りこんだ飴です。

味はすーとしておいしいですよ。

高麗ニンジンの臭いはありますが、味はなめにくくなくリピート客も多いです。

試供にあめちゃん用意しているので、お気軽に「ちょうだい」っといってくださいね。

一袋399円です。

ウイルス性胃腸炎

秋から冬にかけて嘔吐・吐き気・下痢・腹痛などを主とする感染症です。今年は例年よりも発症件数がおおいようですので注意してください。

主な症状としては突然吐き始め、続いて水のような下痢(レモンから白色)が起こります。熱も出ることはあります。だいたい1週間ぐらいでよくなります。

吐き気が強いときは水分をとるのも難しいので、吐き気が落ち着いたところでOS-1などの電解質入りの水分をとるようにしてください。牛乳や乳製品の接種は避けましょう。最後に多くは下痢症状が残るので、便の様子を見ながら少しずつ消化のよい食べ物を与えてあげてください。

 

OS1.jpg 200ml 147円です。

高血圧の人の胃腸薬

IMG_1036.jpg 大草胃腸薬は高血圧のかたで塩分の気になる方に是非お勧めします。

制酸剤に炭酸水素ナトリウムを使っていないので血圧の気になるかたの胃薬として喜ばれています。

またカルシウムも配合しているので神経性の胃の不快感にもいいですよ。

ヤマモト薬局を皆様のセルフメディケーションのお手伝いにご利用ください。

これからの季節にOS1

OS1.jpg

急な発熱性疾患による脱水症状の際に、手軽に飲める点滴としてどうですか?

スポーツドリンクでは補いきれない電解質の不足を補えますよ。

pagetop